神戸はなぜ“ハイカラ”なのか?
~今も残る7mの高低差の謎・近代化産業遺産をさぐる 湊川・新開地編~

エリア
兵庫・長田
キーワード
景観・街なみ
歴史・下町
1300年前より港町として繁栄してきた “兵庫”。開港当時の大都市“兵庫”と“神戸”の境界にあった大きな段差。先日テレビ放送された、あの『人気まち歩き番組』でも取り上げられた謎。そして、新しく開かれた土地に、西日本最大の歓楽地として栄えた街の成り立ち。それらを、番組でも案内した元兵庫県職員(土木)“ダムや川の整備一筋30年!”の佐々木良作さんがご案内します。
プログラムの最後は、近代土木技術を用いた日本最初の河川トンネルとして現代まで残り、神戸の近代化産業遺産でもある[湊川隧道]の内部を特別にご案内します。番組では放送しきれなかったこぼれ話や裏話もお楽しみに!

詳細情報

 
商品番号 82
プログラム名 神戸はなぜ“ハイカラ”なのか?
~今も残る7mの高低差の謎・近代化産業遺産をさぐる 湊川・新開地編~
市民アドバイザー 佐々木 良作(ささき りょうさく)さん(湊川隧道保存友の会)
開催期間 2017年4月~7月
開催時間 13:00~15:00
参加費 2,600円<消費税・傷害保険料含む>
集合場所 市営地下鉄湊川公園駅東改札口前[地図]
会場 湊川公園、新開地湊川隧道
当日の服装(ドレスコード) カジュアル・履きなれた靴
定員(最少/最大) 15名/30名
トラベルイヤホン有り
※すべてのお客様に同時にクリアなアナウンスをお届けできるよう、トラベルイヤホンを使用します。

本プログラムは、まち歩きプログラムです。

履きなれた靴でご参加ください。

全歩行距離:約2Km

※写真は、イメージです。

当日のスケジュール

13:00 集合 市営地下鉄湊川公園駅東改札口前
  (1) 受付・ガイダンス
  (2) 市民アドバイザー佐々木良作さんよりご挨拶
・・・徒歩移動・・・
  (3) [湊川公園]
~佐々木さんによる天井川についてのご説明~
・・・徒歩移動・・・
  (4) [新開地2丁目商店街]南側
~かつては「東の浅草。西の新開地」といわれた新開地の街の成り立ちを聞きながら、高低差の終点を確認いたします~
・・・徒歩移動(20分程度)・・・
  (5) [湊川隧道](近代化産業遺産)
~湊川の付け替えや隧道の役割・歴史についてのご説明~
15:00 解散 [湊川隧道]入口にて解散

※ご希望の方は、市営地下鉄湊川公園駅までご案内いたします。
※解散後、“神戸の台所”[東山商店街]でのお買い物もおすすめです。
※スケジュールは、変更となる場合がございます。
※添乗員なし:現地係員が対応します。
※児童、およびペットの同伴は不可

注意事項

雨天時の実施について

雨天(小雨)決行 雨具をご持参ください。

  • 開催日の14日前~4日前でのキャンセルにつき30%
  • 開催日の3日前~当日のキャンセルまたは無連絡不参加の場合100%

※お電話でのキャンセルは当事務局の営業日、営業時間内にお客様がお申し出いただいた日を基準とします。

営業時間:平日9:30~18:00(土・日・祝日・12/29~1/4、2/27除く)